コロナに負けない!外出禁止でも自宅でできる暇つぶし10選 ①

コロナ感染拡大が騒がれている昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?

私も例にもれず、アメリカから帰って以来は自宅で引きこもる日々を過ごしもうすぐ2週間になります。

この記事は外にも出れず学校もなくて暇をしている方や、有意義に時間を使う方法を探している方に読んでいただきたいです。

なかなか先の見えない外出自粛要請ですが、私も実際に行っているおうちで楽しく過ごす方法をまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

コロナに負けない!外出禁止でも自宅でできる暇つぶし10選

  1. 日記を書く
  2. 本を読む
  3. お金の勉強
  4. オンライン英会話
  5. ヨガ
  6. 料理
  7. 部屋の片づけ
  8. あつまれどうぶつの森
  9. 長いシーズンの海外ドラマを観る
  10. 卒論の準備!

今回は長くなるので①②③を詳しく解説します!

日記を書く

journaling

日記を書くなら、朝か夜がおすすめです。

朝の日記は、ジュリア・キャメロン著『ずっとやりたかったことを、やりなさい。でモーニングページとして紹介されています。短くまとめると、朝に3ページ書くことで、脳の排水ができて、頭が冴え、やるべきことが明確になり、一日を創造的にできる効果があります。

ここ5年ほど、私の一日はモーニングページからスタートしています。前日にいくらやることリストを書いても、その日のコンディションによっては達成できず落ち込むことも以前はありました。朝に自分対話をしながら予定を決められるので、やるべきこととやりたいことのバランスをうまくとれるようになり、ストレスも少なくなりました。

夜の日記は、自分が今日したことや、今日あった楽しかったこと・嬉しかったこと、感謝したいことについて書くのがおすすめです。

眠る前などに、ほんの2・3行でいいので書くことで、一日にメリハリがつきます。そうすると、この長くて生活が単調にもなりがちな休みの間、自分は何やってたんだろう…と振り返ったときに、思い出せず時間をムダにした気分に浸ることもなくなります。

いづれにせよ、日記を書く時間を決めることが三日坊主にならないポイントです。日記の中で自分を鼓舞したり、責めると書くのもおっくうになってしまいますから、レコーディングダイエットのように事実や感情を記録する方針がいいでしょう。

日記を義務感からではなく、自分を正直に表現するセラピーの一種として始めてみてはいかがでしょうか。

本を読む

この状況下で読書をするのは満場一致でしょうか…

私的な読書を好きになるポイントとしては、面白くない本はがんばって読まないことです。

面白くないと感じた時は、自分が悪いのではなく、本との相性が悪いのです。恋愛感情のない相手と無理にデートをする必要はないのと同様に、その本を読み終える義理はないのです。はじめから最後まで律義に読まずとも、目次を見て自分が気になった部分だけ読んだり、次、また次、と自分の興味に合わせて乱読すると飽きずに本を面白く読み進められます。実際、がんばって退屈なところを読んでも、読んだそばから忘れて行ってしまうのならあまり意味がないのでは…

読書をする目的は人それぞれですが、ビジネス本や自己啓発本を読むときの注意点として言いたいのは、必ず行動に活かすことです。

私も自己啓発本を読み漁る時期がありましたが、チャプターの終わりに自分でやってみよう!のページをないがしろにしていた時は効果が低かったです。他の紙に書いたり、じっくり時間をかけることで、本から学ぶよりも多くを気づくことができました。

ビジネス帆・自己啓発本にはモチベーションを上げる言葉が散見しており脳内麻薬が出ますが、できた気になっても状況は変わりません。何か一つから始めて、どんどんインプットよりもアウトプットの時間が長くなるように配分を変えていきましょう。樺沢紫苑著『学びを結果に変えるアウトプット大全』に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。

お金の勉強

私は今までいくらバイト代を稼いでも、翌月のカード支払いはギリギリ…お金の心配で心も貧しくなってしまう日々を送っていました。お金に振り回されているままではいけないと思い、留学中からお金の勉強を始めました。私が実際に使ったマネーリテラシー入門の教材を紹介します。

  • YOUTUBEの両学長(リンクは下に貼っておきます)

関西弁で嫌味なく話してくれる気のいいお金持ちです。視聴者がお金に振り回されず、自由な生き方ができるように知識を共有してくれます。この動画を見て失うものもないですし、何かを売りつけられることもないので一度見て、参考にするかどうかは自分で判断してもらえればと思います。

https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

  • 金持ち父さん、貧乏父さん』

この本を読んで、お金を稼ぐことよりも、お金との付き合い方を学ぶことの重要性を知りました。

今まで怖いことだと思い遠ざけてきた投資にも興味がでました。

何度も失敗することを織り込み済みで、まずは小さくそして若い時から投資を始めるのがいいそうです。この状況は株式の値段も下がっていて投資を始めてみるいい機会かと思い情報収集している最中です。

 

  • 『バビロンの大富豪』

もともと1時間あれば読めるくらいの分量で、漫画版も出ているので気軽に読めます。

私は、第一の教え「収入の10分の1を貯蓄に回す」に取り組んでいる最中です…

お金のこととなると何を聞いても騙されている気がしてしまう…方もいるかもしれませんが、お金の勉強を始めるのに大金を注ぐ必要はありません。臆病になりすぎずこれらを手に取ってみると、自分の今まで囚われていた考え方に気づき、お金との付き合い方を考える良い機会になりました。

まとめ

日記も読書もお金の勉強も、結局は自分を見つめることに行きつく!?

stay home
最新情報をチェックしよう!