留学で陥りがちな無駄な出費を減らす方法

留学はただでさえお金がかかるもの… 極力減らすことのできる支出は抑えたいですよね。そこで、無駄な出費を避ける方法をリストアップしてみました。

留学で陥りがちな無駄な出費を減らす方法

  • 航空券は往復で取る

実は国際線の場合、格安航空会社でもない限り、片道でも往復でもほとんど運賃の差はありません!出発前の時点から、後回しにせずに帰りの日や場所まで把握して往復で取ってしまいましょう。不安であれば、後から変更できる航空券を取るのも手です。

  • その保険が本当に必要か確認する

ピッツバーグ大学では、アメリカの保険会社に入ることが義務付けられていました。学校によっては、学校の保険しか認めない所もあります。要チェックしてください。その場合、日本の保険会社に入る必要はないので気をつけてください。

  • その予防接種は必要?

もちろん、病気になることを考えれば安いものだと思います。ただ、予防接種は保険が効かず、珍しいワクチンだと受けられる病院も限られており、何万円単位します。本当に受ける必要があるのか留学先に確認しましょう。念のためで受けるには高い買い物です…

  • 外食やテイクアウトを止めて自炊する

塵も積もれば山となります。アメリカは10ドル以下でランチが食べれたら安いくらいの物価です。家で自炊ができると月々の出費もかなり変わってきます。また、アメリカ人の生徒はスターバックスなどのコーヒーをテイクアウトして飲んでいる人が多かったです。なんとなく日常的に飲食物に散財するよりも、予定を立てて外食する方が楽しみも大きく感じられるのでは?

  • スマホのプランを見直す(ギガ数を減らす、その国で直接SIMカードを買う)

国によっては何百円で一か月のSIMカードが買えることもあります。WIFIルーターやプランを日本で契約してしまう前に、まずはその留学先のインターネット事情をリサーチしてみてください。着いたときにWIFIがないのが不安なら、旅行者向けのSIMがアマゾンで買えるので初めのうちはそれでしのげます。

  • エージェンシーに頼らず自力で情報収集する

ビザの代行を業者に頼むのはラクですよね。でも、そう安くない料金を請求されます。でも、そんなに難しくなく、自分で調べながらできます。自分で調べるという習慣は留学してからも大事なので、情報収集への苦手意識は出発前から少しづつ克服しましょう。

  • 通販を利用する

食料品も服も化粧品もなんでも通販で買えます!日本のクレジットカードが使えるサイトもアマゾンを含めて多いです。じっくり考えながら買い物できるので無駄遣いも防止できます。一方で、家の前まで届けてくれるメリットを利用してまとめ買いセールにも参加できます!巨大モールに疲れたら是非!

  • まとめ買いする

アメリカでありがちなセール文句は”BUY~, GET … FREE!”です。つまり、まとめ買いがお得です。特に使うことが決定している日用品や、賞味期限の長い食品なんかはまとめ買いするとお得です。

  • 日本で買った方が安いものは持参する

外国にいると無性に食べたくなる日本食…これに関しては、スーツケースのスペースが許す限り持って行きましょう。アメリカにも売っていますが、値段は3倍で当たり前です…あとは、地味に文房具も日本製の質が良いです。アメリカでは1本からペンを買うのが意外と難しいまとめ買い文化です。

  • ミニマリズム

いっぱい持って行きたい気持ち、持って帰りたい気持ちは分かります。でも、荷物の重量オーバーで余分にお金を払ったり、荷物の輸送に何千円と払ったり。ちょっともったいないですね…新しく買い直さなくていい程度には必要ですが、あまり着ないお洒落な服はこの際置いていきましょう。

  • 学校の施設を有効活用する

アメリカの大学は施設がかなり整っていて住めるレベルです!図書館や自習スペース、ジム、学生証で無料の施設などで一日過ごせば出費はゼロです!そして家のユーティリティも抑えられます。

まとめ

時間と安全はお金では買えないので出し惜しみせず、自分の努力で何とかなる情報収集を武器にして節約しましょう。

最新情報をチェックしよう!