留学すべきか?留学を勧められ過ぎていると思う理由

留学したいと思って調べているうちにこのページにたどり着いた方に向けて書きました。

情報収集するなら、自分が賛成反対するに関わらず、幅広い意見を聞いてみた方が判断し易いです。

私は留学反対派ではないですが、一方で留学が勧められすぎているとも考えます。

ある種留学は集団詐欺のように私には見えます。お金のない大学生に、英語上手になれるよ!海外かっこいいよ!いい経験になるよ!自分を変えられる!と甘い言葉で、多額の奨学金(借金)、親のお金を使って斡旋する業者もあります。

本当に留学にそこまでの価値があるんでしょうか…

なぜこんなにも留学がもてはやされているのか、について伝えるために、留学経験者、留学エージェント、大学、国・企業の裏の理由を書きました。

留学すべきか?留学を勧められ過ぎていると思う理由

  • 留学経験者

留学フェアなどで過去の参加者が自分の体験について話す機会があると思います。そして、暗黙の了解として、「とてもいい経験になりました。是非あなたも行きましょう」というメッセージを含みます。

勿論、個人の体験談とあるように、主観に基づいた意見です。

ただ、自分が時間やお金や手間をかけたことは実際はどうであれ、価値があったと思いたいというのが人間の性でもあります。

発表で語られた留学の素晴らしさを素直に納得してしまうのではなく、この補正が効いているということを念頭に聞いてください。

  • 留学エージェント

語学学校、留学エージェント…ビジネスだからしょうがないですが、個人的には悪質だなと思うところもあります。

キラキラした面だけを見せて、そう安くはない何百万単位のお金がかかる商品を、あなたの人生そのままでいいんですか?自分を変えたくないですか?と弱みに付け込んで、語学学校や留学を売り出す…

何も分からないからプロに任せて、言うことを聞いている方が確実だと、なんとなく頷いていると、なんとなく日々が過ぎて、いつの間にか財布は空になって帰ってきて、ただ月日が過ぎただけで何も変わらない自分のままです。

「自分を変えるために」留学するのは止めましょう…

人生を変えるというのは商品の広告に過ぎません。

この栄陽子さんの記事に良く書かれているので、自分探しのために留学に行きたいと思う方は読んでみてください。

https://www.ryugaku.com/sakaecolumn/3.html

  • 大学

なぜ大学が長期や休みの短期など様々な海外留学を勧めるのか?もちろん学生の成長を期待してというのは表向きにもよく言われて、実際その理由もあるとは思います。

でも、一番大きな理由は、シンプルで「実績作りの為」です。

大学ごとに、毎年目標とする海外渡航人数があり、国際交流がどれほど活発に行われているかというのが、大学ランキングの項目にもなっています。また、入学者を募るときのアピールポイントとしても使えるわけです。わが校はグローバル人材の育成に力を入れています、と。大学にとって留学生は、数字のためです。

 

  • 企業・国

これはトビタテのことを思い浮かべながら書きました。「グローバル人材」の育成というスローガン…正直どういう意味か分かりにくいですね、なんなら直接は言いにくいからぼかしてるんじゃないかと疑うレベルです。トビタテ!の応募要項は多少具体的に書いていますね。「新産業創出につながるような取組や実践活動を行い、産業界を中心に活躍する意欲のある学生の留学を支援します」簡潔に言うと、外貨を取れるビジネスマンや研究者、海外で学んだことを活かして日本を発展させられる人材という意味ではないでしょうか。

つまり、企業や国の視点では、将来的に日本という国にとって有益な人材を育てるための留学を勧めています。

まとめ

目的というと、大袈裟ですが、留学に何を期待するのか、とか、留学先で何がしたいかという程度でも漠然とした答えが自分の中にあれば、それを達成する手段が本当に留学だけなのか、まで考えてみてください。

それでも、留学に自分のお金や時間、エネルギーを注ぐ価値があると自分で言えるのなら、一歩を踏み出して欲しいと思います。

 

最新情報をチェックしよう!