(体験談)新入社員で入社4日目にパワハラ報告をした話

OL

今年の2月から新入社員で、かれこれ5ヶ月つづいています!アンです!

難所はいちばん最初に配属された店舗研修でした。タイトル通り4日目には本社の採用担当と部署のマネージャーにハラスメント報告メールを送りつけました。

図々しい自負のある自分でもパワハラを受けて精神的に疲れました。時間が経った今だからこそ距離を置いて書けるようになったかなと思います。

ここでは、事の顛末をつまびらかにしつつ、もし他の人が似たような状況になったときにどう対応したらいいか、どんな心持ちでいたらいいのかということをメインに話していきます。

(体験談)新入社員で入社3日目にパワハラ報告をした話

  • 事の顛末
  • 私のハラスメント報告への社内の対応
  • 教訓

事の顛末

まず初めに配属されたのが店舗でした。そこでは、カフェの接客、レジの対応、ストックの管理という業務をしていました。

そこの店長がなかなかの曲者でした。ずばり、新人キラーだったのです。

業務の説明をするときも支離滅裂で、わざと分かりにくいように言ってるのか?と疑うほどでした。

能力的にも「?」なところが多々あり、忙しくなるとてんぱったり、仕事ができるタイプではないというのは一緒に働いている人みんな意見が一致しています。

1日目は「なんかよう分からん説明する人やな。私こんなんで仕事覚えられるかな」と不安に思いながら終えました。

2日目から、あからさまな悪意でチクチクと嫌みを言われるようになります。

私がミスをしてしまったときは、必要以上に責められました。例えば、お札を入れる向きを間違えただけで、変えたら済む話なのに、「前にも言いましたよね?忙しいのに仕事増やさないでください」とかネチネチと言われました。

そこから2日間、休憩時間に私はtwitterの裏アカで「ババアにこんなこと言われた~」と呟くことが唯一の息抜きでした。

4日目に遂にババア(店長のことです。ここから堂々とこう呼びます)が一線を越えます。

私がレジのキーを押すときにこれで合ってますか?と確認したら、「もういいです。」とキレて、ババアが自分で全て会計してました。

お客さんが帰った後に、「なんであなたはここにいるんですか?大学卒業したばかりだからって甘えないで!ここは大企業じゃないんだから新人研修なんてしている余裕ないんですよ!」と怒鳴られました。

私はそんな怒鳴られるようなことをした覚えもなくて、意味分からなくて、とにかく圧倒されてしまいました。同じ場にいた派遣の方が、「大丈夫?」と声をかけてくれて、ゴミを捨てに行くよう私を外に誘導してくれました。

私は外に出ると涙が止まらなくなって、外で30分くらい落ち着こうとしていたら、

ババアが、「さっきは言い過ぎてすみません。どうあなたに接したらいいのか私も分からなくて…これからも一緒にがんばってくれる?」と反省して謝りに来ました。

そこからは何を思ったのかババアの私に対する対応が180度変わって不気味…でした。(最初っからふつうにせーや!は私の心の声です)

私のハラスメント報告への上司の対応

わたしの供述調書のような長文メールを見て、

人事のおばちゃんは正直に申し上げてこんなことが起きていたなんて驚きました、とのことです。

そして、(せっかくコストかけて採用したんやから)あなたはこれから期待している会社にとって重要な人材なのでできる限り善処します、と素早く対応していただけて当初3か月間その店舗にいる予定がシフトが出ているその月分だけに短縮されました。

部署のマネージャーは、気づけなくてごめんなさい。と謝ってくれてその後のケアはしっかりしてくれました。

他の部署に異動になったときは、あの曲者店長のことは割とみんな知っていたらしく(そこの人は店舗にヘルプで行ったことがある人ばかり)私の感覚はズレてなかったんだなと思いました。

そこのドンが、「あの店舗はこの会社の登竜門やな。だからといって必要な苦行ではないんやけど。」と深みのあること言ってました。

教訓

まず、自分の直感を信じようってことです。その場にずっといると段々と感覚が麻痺してくるので、初期に感じた印象でおかしいとおもったらそれはほぼ100%おかしいです

そして、誰かに相談でもいいし、吐き出そうってことです。私の場合は、母に家で愚痴を言ってて「あんたがそんな人のことごちゃごちゃ言うの珍しいし、上の人に伝えた方がいい」と背中を押されて告発しました。twitterでも辛いこと吐き出してすっきりできたり、証拠にもなったり、それはババアおかしいわ!と友達が励ましてくれました。

最後に、自分とあまりに価値観が違う会社にしがみつかずに辞めてしまおうです。

もし告発してももみ消されたり私が悪いと言われるのであれば、辞めるつもりでした。

(今回はありがたいことにしっかり対応していただいたのでまだ続けてます!)

辞めるとなっても、そうやって向こうの過失があったということを残しておければ有利に辞めれることにも繋がるので、告発するのはどっちに転んでも自分のためになります。

今回のように、上司たちが職場の環境について知らなかった場合、貴重なことを共有できたってことで会社のためにもなっていると思います。

まとめ

違和感を感じたら、会社の人、家族、友だちいろんな人に相談してみる。そして、会社の対応がまた自分の価値観とは違っていれば、それは残念だけれど無理をして自分が壊れてしまう前に辞めるのがいいんじゃないか、と思います。

最新情報をチェックしよう!