相席屋タダ飯乞食から猛者、そして引退へ

相席屋のタダ飯乞食から猛者になりつつあるアンです!

相席屋に行き始めたのは20歳、特にこの4か月は50回以上は通い詰めています…

私はそろそろ引退を考えていることもあり、タダ飯目的について贈る言葉、そして引退の理由についてお話します。

相席屋タダ飯乞食から猛者、そして引退へ

  • タダ飯目的について猛者から贈る言葉
  • 引退へ至る理由(シンプルに飽きた、男嫌いが加速、自分にとって当たりがないと気づいた)

タダ飯目的について猛者から贈る言葉

前提として私は当たり前にタダ飯目的です。なんなら節約目的です。

口では何とでも言えますが、正直女の子はタダ飯目的が大半だと思います。

相席を極力避けるために、男性の少ない開店時間直後くらいの早い時間を狙って混み出す前の20時くらいには帰っています。

通い続けられるように、タダ飯目的感を出し過ぎないように一応心がけています。

始めのころは相席した時に「フードも無料で食べれていいなと思ったので来ましたー」と正直に言っていました。

でも、お持ち帰りできなかった男が逆上した一件から言わないようにしています。

相席して間もない時その男は「俺も女やったらタダ飯目的で来るわー」とか話を合わせていました。

(フード目的が気に入らないならその時点でチェンジすればいい)

30分くらい相席してその男がどうにか私たちを持ち帰ろうとゲスい話をしてくるも、私たちにさっぱりその気がないと悟ったくらいのタイミングでトイレに行くふりをして、

裏で店員さんに「あいつら飯目的で失礼だ!!」とかキレられたことがあってからはタダ飯目的のことは隠しています。

つけ込まれるような落ち度をこちらから与えないようにという心がけです。

今ではタダ飯の話題は出さず「(私の友だちと)会話を楽しむ目的で来ています!」で逃げています。

さて、タダ飯目的について猛者から贈る言葉としては、

女の子はタダ飯目的でも良いから表面上は隠しておこう!ということ、

男性はあまり都合よく考えず現実を受け入れようということです!

引退へ至る理由

  • シンプルに飽きた

いくらご飯がおいしい方の相席居酒屋とは言っても週2回を数か月も続けていると飽きます。

無料フード・ドリンクが目的なのにそこに魅力を感じなくなるのは致命的!

相席屋でぼーっと座っている時間に退屈だなー暇だなーと人生を無駄にしている虚無感に襲われたりします。

  • 男嫌いが加速!

私はもともと男の人が苦手です。特に私を女として見てくる性的な目に虫唾が走ります。

相席した男から合計4人にボディタッチされました。これも引退の大きな原因です。

女に可愛いって褒めときゃ良いと考えている人もいますが、私は顔についてのコメントを全く受け付けていないです!

私は人の年齢を聞くのは失礼だと思っているのに一言目で聞いてくるおじさんもいて驚いてます。

男嫌いが加速してもう冷たい対応しかできなくなってしまっているので潮時です。

  • 私にとって当たりがないと気づいた

友だちは好みのタイプと相席できて楽しそうな時に、ふと自分にとっての当たりは何だろう?と問うた所、

私にとってはどの男と相席しようが、程度の差こそあれ全員外れなんですよね…

強いて言えばビジネスライクな距離感や話題で話せる人と当たると楽です。

恋人を選ぶ時もイケメンがいいとか顔に対するこだわりがないので、イケメンでも平等に外れです。

まとめ

今まで私の家計を支え体を作ってくれた相席居酒屋さん、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!