ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)に行ってきた ①とりあえず行ってみよう

2019年11月1日2日のボスキャリに参加して来ました!

ボスキャリとは、200社以上が参加する、日本語英語のバイリンガルのための転職・就職イベントです。インターンシップの獲得や、企業研究のために活用することもできます。留学中でも就活に不利にならず、むしろ、即決もありでなかなかお得です。

第一回目では、ボスキャリに行こうかどうか迷っている方に決定するための情報提供できればと思います!

目次

  • お金がないから行けない?
  • ボストン観光のついでと思うのはどうですか?
  • 就活にやる気がなくても行ってみるべき?

お金が無いから行けない?

どこに住んでいるか、にも左右されますが、特にアメリカ国内に留学中なら行けるチャンスは大きいと思います。②節約編で詳しく書いていますが、多くの節約する方法があります。(一緒に参加する仲間を見つける、奨学金をさがす、ディナーに参加する、古着屋を活用する…)それらを試してみて予算を計算した上で決めても遅くないのでは?

 

ボストン観光のついでに

ボスキャリがメインで観光がおまけか、観光がメインでボスキャリがおまけか。どちらでもいいと思います!11月のボストンは薄手のコートが必要なくらいには少し肌寒いですが、紅葉がきれいで街歩きにベストな時期だと思います。

ハーバード大学(平日はキャンパスツアーにも参加できる)や、MIT(マサチューセッツ工科大学)、ボストン美術館(当日券を買うとそれで10日間入り放題)、フリーダムトレイル(方向音痴にもうれしい赤い線をたどっていくと名所が廻れる道)、フェンウェイパーク球場(レッドソックスの本拠地)などなど、見どころも週末だけでは足りないくらいにたくさんあります。

 

就活にやる気がなくても行ってみるべき?

私は四年生の時に参加して、今まで就活も全くやってこず、正直やる気もありませんでした。そんな私でもボスキャリで就活のスタートができて良かったと思います。

就活へのやる気や経験に関係なく、私は行ってみることを提案します。内定が取れなくても、準備の段階や、面接の経験がこれからの就職活動に活かせると思います。実際、参加する人のモチベーションも様々で、2年生でインターンを決めたい人、就活をまだ日本でやっていない人でボスキャリをスタートにする人(私も)、いろんな企業を見て話しを聞きたい人、内定取りたい人ももちろんいました。

どんな状況の方でも、来てみたら自分のこれからの課題が明確になったり、一人で準備していては気づかなかった視点も得られる、なにより自分のキャリアについて考えるいい機会になるのでは、と思うので、迷っているならお勧めします。

まとめ

いろいろと言い訳はできるけれど、ちょっとだけ無理して行ける範囲ならとりあえず行ってみるのはどうでしょう。

最新情報をチェックしよう!