帰国後はニート?就活や英語、卒論、大学は?(帰国後一か月間の経過)

3月20日に帰国してから早いもので、すでに1か月以上が経過しました!

2020年春はコロナ禍で特別な時期を世界中の人が様々な状況下で過ごしています。少なくとも体も心も健康であることは共通の目的です。

留学から帰ってきた直後からの個人的な近況についてお話します。

帰国後はニート?就活や英語、卒論、大学は?(帰国後一か月間の経過)

  • 正直いまはニート!
  • 大学について
  • 就活が滞っているだけでなく、志望している業界も縮小必須…
  • 進まない卒論
  • 英語の勉強はオンライン英会話メイン

正直いまはニート!

帰国後は以前と同じで実家で母と二人暮らししています。快適な住む場所と温かいご飯が確保されているのは幸せだなとつくづく実感します。

ママありがと!実は結構ゴロゴロしててごめんね!

返って来てから二週間は大学からも自宅待機を命じられていたので外出を控えました。4月4日に自宅待機期間を終えて、4月7日の緊急事態宣言までの三日間はかなり動きました。歯医者さんで矯正器具を付け直したり、会社説明会に行ったり、留学と授業料のことで父親と会ったりしました。

前にアルバイトしていたのは飲食店だったのでアルバイトの復帰はしていません… でも、結局奨学金が4月分も頂けることになったので、生活費は今のところ困っていません。

一応大学に籍は正式に残っていて、授業料もそそくさと4月末でサイレント引き落としされました。それなのに学生証は3月末で期限切れていて、自称大学生みたいになっています。学割使えない悲しみ…

彼氏もこの3月に大学は卒業して国家試験に落ちたので、こちらは本物のニートをしております。(医療系だったのである意味ラッキーなのか…)外出の頻度を減らそうということで週に1.2日のペースで会っています。

大学について

ピッツバーグ大学での交換留学は4月で終了しました!

神戸大学の授業は5/7から始まる予定です!もうすぐですねえ~

ほとんど卒業に必要な単位は取れているのですが、授業料26万円払っているので元を取るためにも5つ授業に登録しました。大人しく哲学系ばかりです…悲しいのが、英語で開講予定だったり、グローバル系の授業が減っていること。留学生もほとんど来ない見込みだからか、もしかしたら先生も来れなくなったのか…

以前はフランス語の授業をよく取っていましたが、今回はスキップしました。ここ一年なにもしていなくて忘れているのが怖いので…あと前より興味もなくなったので…またフランス語の再開したいと思った時までさようなら。

就活が滞っているだけでなく、志望している業界も縮小必須…

ヨガのインストラクターになりたいのでフィットネス業界を志望していました。が、コロナのせいでフィットネス業界に死亡フラグですね…

国のガイドラインでも、スポーツジムなどの不特定多数と接触する場所を避けるよう述べられています。この自粛期間で、様々なヨガスタジオや個人でもレッスン動画を無料で見られるようにアップロードしており、オンラインに店舗が駆逐されそうな勢いです。そうなるとインストラクターの需要も減ります。

ヨガや最近はピラティスも、自分の健康やボディメイクのために続けますが、仕事にするとなると難しそうです。

また一から考え直しです泣

まあ、就職が決まる前に分かってよかった、まだ就活する時間はあると前向きにとらえます。

進まない卒論

進まないのは半分自分のせいです、すみません。

半分は、文献入手の難しさのせいです!大学図書館は立ち入り禁止、市立図書館も休館!それこそオンラインで買うしかないです…

卒論となると必要な本も現時点でも3冊で、一冊当たり5千円近かったりとバカにならない出費です。まだ自分はお金を出せば何とかなるから良い方で、理系の実験が必要な人とかは本当に大変だと思います。

卒論の内容は、脱成長を軸にして、はじめはスローシティの地方活性化の例を取り扱おうとしていましたが、哲学からあまり近くないので、サードプレイスの例に変えました。ちょうどこのコロナで駆逐されてしまいそうなサードプレイス(家や学校、仕事場ではない日常のたまり場)。残すべきだ!と声を上げるのはきっと意味があるので、自分自身も学びながら書ければいいなと思います。

題目の提出が5/28で、卒論の提出が7/10いう当初からなぜかずれないぶれない締め切りです…

ひとまず5/28に教授に見せてアドバイスが貰える形にするのが目標です。

英語の勉強はオンライン英会話メイン

人との接触が制限される中で、新しい人と話せる機会でもあるオンライン英会話は正直癒しです。

私はネイティブキャンプを使っていて、予約はせずにその場で先生を選ぶスタイルですが、4割くらいの確率で楽しい授業です。新しい先生の中でもすでに先生の経験がある人は上手です。フィリピン人の女性の先生を選ぶことが多いです。

最近は先生ばかりが授業を盛り上げるのではなく、自分からも楽しい授業にしようと働きかけています!愛想よくしたり、一方的に話さず先生にhow about you?と聞いたりしています。一時期は話すときの自信のなさが出て暗かったり、相槌も少なくて今思えば横柄でした、ごめんなさい。

まとめ

自称大学生は、就活もせず、卒論の為と言いながら本読んで、英語の勉強と言いながら先生と楽しくおしゃべりしています。

最新情報をチェックしよう!